歳月

【西村】

皆さん、まずは自分の2011年3月11日を振り返ってみませんか。

それぞれ色んな時間を過ごされていたと思います。

あれから10年。

被災された方々にとっての10年と、それを見ていた側の10年は違って当然。

ただ、人には想像する、慮る力があります。

その力を働かせて震災を振り返り、自分にできることを考え、防災しましょう。

天災・疫病は人間が常に対峙してきたモノです。

今ある災いはいつか収束します。

そしてまた必ず災いが訪れます。

その場その時にできることを考えて行動するしかありません。

テレビに向かって文句を言っても、誰かがやっていることを嘆いていても何も変わらない。

がんばろう、日本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です